久留米で36.4℃ 「熱中症警戒アラート」福岡に発表し対策呼びかけ

久留米で36.4℃ 「熱中症警戒アラート」福岡に発表し対策呼びかけ

全国的に暑い日が続く中、福岡県内でも30日、気温が35℃を超えて猛暑日になったところがあります。環境省と気象庁は「熱中症警戒アラート」を発表して対策を呼びかけています。

福岡県内は30日も晴れて気温が上がり、これまでに久留米で36.4℃、太宰府で35.9℃、飯塚で35.7℃を観測するなど、猛暑日になったところがあります。

また、熱中症の危険性を示す「暑さ指数」も、糸島市前原や福岡、添田などで一時、31以上となり、「危険」のレベルに達しました。

環境省と気象庁は30日、福岡県に今年初めての「熱中症警戒アラート」を発表しています。

外出をなるべく避けて、昼夜を問わずエアコンなどを使って涼しく過ごすとともに、運動を控えるなど、熱中症を予防する行動が必要だとしています。

また、高齢者や子供など熱中症になりやすい「熱中症弱者」については特に、こまめな休憩や水分補給をするよう呼びかけています。

火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE