SDGsの本質と企業が取り組む意義

気候変動など社会問題の解決目標を掲げる「SDGs」について考える講演会が1日、福岡市で開かれました。
福岡市天神のエルガーラホールで開かれた講演会には、元国連職員でSDGパートナーズ代表の田瀬和夫さんが登壇。
「SDGs」を考える上での重要なキーワードとして、「一層大きな自由」を意味する「inlarger freedom」という言葉を紹介しました。
その上で、企業が環境や社会に配慮する取り組みは、「企業の中長期的成長のボトムラインになる」と強調しました。
講演会は、福岡市企業同和問題推進協議会が主催し、約200人が参加しました。

日曜劇場『オールドルーキー』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE