台風4号の影響まとめ(福岡県内の公立小中学校・JR九州・空と海の便)

台風4号による影響です。福岡県内では、一部の自治体で公立小中学校の休校が決まったほか、交通機関でも欠航する便が出てきています。

RKBが午後4時までに各自治体の教育委員会に確認したところ、福岡地区では、糸島市、春日市、朝倉市、新宮町、篠栗町、宇美町、志免町、久山町、粕屋町、筑前町、東峰村が、休校を決めています。

また、筑後地区でも小郡市、大牟田市、みやま市、うきは市、大川市、柳川市、大刀洗町、大木町が休校を決めています。

筑豊地区、北九州・京築地区で、公立の小中学校の休校を決めた自治体はありません。

交通機関への影響です。空の便では、天草エアラインが4日から6日までの福岡と天草を結ぶ12便の欠航を決めています。

海の便では、野母商船の博多と長崎県の五島を結ぶ4日と5日の2便が、欠航になっています。

また、JR九州の九州新幹線は通常通り運転するものの、特急列車「ソニック」「かもめ」「ゆふいんの森」は合わせて16本運休します。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE