また北九州市の学校で異物混入 若松区の小学校で給食からネジ止め

北九州市教育委員会は市内の小学校で出された教職員用の給食のご飯に金属のネジ止めが混入していたことを明らかにしました。

教育委員会によりますと、16日、若松区の小学校で、教頭が教職員用の給食を片付けようとしたところ、容器の底からワッシャーと呼ばれる長さ1センチほどのネジ止めが見つかったということです。

教育委員会が納品業者に確認したところ、製造過程で使う機械のネジ止めが1か所取れていたということです。

この業者が納品しているほかの学校では異物の混入は確認されていないということです。

北九州市では給食に金属片などが混入する事案が相次いでいて、教育委員会は、「再発防止を徹底し、市民の信頼回復に繋げたい」とコメントしています。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE