台風14号による大雨で油木ダム貯水率回復 減圧給水を解除

台風14号による大雨で油木ダムの貯水率が回復したとして、行橋市と苅田町は「減圧給水」を20日解除しました。

行橋市と苅田町は、主な水源である油木ダムの貯水率が一時20%を切ったため、渇水対策本部を設置。

今年6月以降、行橋市は15%、苅田町は10%の減圧給水を行ってきました。

今回、台風14号の影響でまとまった雨が降り、「油木ダム」の貯水率は20日午前0時時点で、83.5%と50ポイント近く回復しました。

このため行橋市と苅田町は20日、対策本部を解散し減圧給水も解除しました。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE