「定期的な受診で早期発見を」~福岡市でがん検診の啓発活動

がんの検診を積極的に受けて、早期発見につなげるよう呼びかける啓発イベントが1日、福岡市で行われました。

福岡市の天神中央公園で開かれた啓発イベントでは、福岡県や福岡市のほか、生命保険会社の明治安田生命やSOMPOひまわり生命がそれぞれブースを設けて、がん検診についてPRしました。
会場にはまた、乳がん検診キットの体験や、アプリによる健康測定ができるコーナーも設けられ、定期的に検診を受けることで早期発見につなげるよう呼びかけていました。

福岡県によると、県内の死者の死因でがんが最も多く、年間約1万6000人が亡くなっています。
一方で、がん検診の受診率は、いずれのがんも全国平均を下回っているということです。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE