ウクライナ避難学生など支援 受け入れ大学に寄付金124万円~九州北部信用金庫協会

ウクライナからの避難民学生を支援するため、九州北部の信用金庫による金融団体が寄付金を贈りました。

 

◆九州北部信用金庫協会が124万円を寄付
福岡県太宰府市の日本経済大学で開かれた贈呈式で、九州北部信用金庫協会の野村廣美会長が松本一朗副学長に寄付金124万円を手渡しました。福岡・佐賀・長崎にある13の信用金庫の職員たちによる寄付金は、ウクライナから避難してきた学生を支援するため、受け入れ大学に対して贈られたものです。
日本経済大学では、ウクライナからの避難学生と交換留学生を約70人受け入れています。

◆寄付金は避難学生の教材費・生活費に
ウクライナからの避難学生 カテリナ・ボジョクさん「より一層勉強に挑戦し、九州北部信用金庫協会様からのご支援にお応えできるように頑張ります」

寄付金は、避難学生と交換留学生の教材費や生活費に充てられるということです。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE