新型コロナ陽性(5日)福岡県1407人 県独自の「コロナ警報」解除

新型コロナの感染状況です。福岡県は5日、新たに1407人の陽性を発表しました。

40代から90代以上までの男女5人の死亡が確認されています。4日時点で、福岡県の専用病床の使用率は14.5%、重症病床の使用率は0・9%です。

福岡県保健医療介護部 白石博昭部長「福岡コロナ警報につきましては、専門家の意見や市町村との協議を踏まえた上で総合的に判断し、本日10月5日をもって解除します」

福岡県は、新規陽性者が減少傾向にあり病床使用率が20%を下回ったことなどを受けて、5日に県独自の「コロナ警報」を解除しました。「福岡コロナ警報」は7月6日に発動され、途中に特別警報を挟んで約3か月間継続していました。一方、感染に不安がある人が無料で受けられる検査は、警報の解除後も継続します。

佐賀県では5日、242人の新規陽性者が発表されました。亡くなった方はいません。 

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE