「温泉が楽しみ」福岡~香港便が約2年8か月ぶりに運航再開、空港職員が250人の乗客を出迎え

キャセイパシフィック航空が福岡~香港便の運航を約2年8か月ぶりに再開しました。

搭乗率7割、乗客250人が福岡に

再開後初めての便が1日午後3時ごろに香港から福岡空港に到着すると、空港職員が約250人の乗客を出迎えました。搭乗率約7割だったということです。

乗客の夫婦「温泉を楽しみにしています。熊本や阿蘇、別府に行きます」
女性2人組「寿司やラーメンが恋しかったの。すごくワクワクしています。新型コロナ以来初めての福岡なのでとても楽しみです」

週に3往復、年明けから1日1往復に増便へ

キャセイパシフィック航空の担当者「ようやく福岡に私たちのフライトが戻り嬉しく思っています。日本は、香港の人たちに人気の観光地です。インバウンドのお客様を迎えて、同時に香港や香港を経由して各国に旅行されるお客様をお迎えしたいです」

福岡~香港便は週に3往復運航される予定で、年明けからは1日1往復に増便されます。

火曜ドラマ
『夕暮れに、手をつなぐ』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE