味、ボリュームともに完全ノックアウト。予約必須の人気ランチ

味、ボリュームともに完全ノックアウト。予約必須の人気ランチ

警固本通りにお店を構えて12年。「トラットリア・ポルチェリーノ」は、地元のファンはもとより、県外からもその味を求めてやってくるお客さんが後を絶たない、人気のイタリアンです。


 
オーナーの藤達也さんは「リストランテ・フォンタナ」の料理長も務めたほどの実力派シェフです。独立する際、「気取らずに、ちょっと軽く行こうかと思えるようなお店にしたかったんです」と当時を振り返ります。
そこですかさず「うちは、サンダルでも大丈夫です」とウィットなジョークを挟む奥様の留美子さん。この気さくで明るい雰囲気のなか、一流の味を楽しめるところが人気の大きな理由です。

ランチはお手軽に楽しめるだけあって、いつも賑わっています。「パスタランチ」(1,300円)と「ポルチェリーノランチ」(2,200円)の2種類ありいずれもハイコスパなのですが、今回はよりコスパの高い「ポルチェリーノランチ」をいただきました。

店舗より提供

1品目の前菜は、日替わりの3品にグリーンサラダが付きます。


 
シメジ、エノキ、シイタケ、エリンギを使った「キノコのマリネ」は、4種のキノコの旨味が合わさりとても味わい深い一品です。キャロットラペはクミンがいいアクセント。右端のトウモロコシの粉とチーズを混ぜて焼いた「ポレンタ」は、ほっくりした食感と優しい風味が楽しめます。
どれもスパークリングワインと抜群に合いそう……という私の反応に、「この前菜でグラス2杯は軽くいけます」とシェフも笑って同意してくれました。

2品目は4種類の中から選べるパスタ。週替わりの2種類はスパゲティか生パスタ(+100円)から麺を選べ、定番の2種類の「フェトチーネ スモークサーモンのクリームソース」と「イカスミのタリオリーニ 赤エビのトマトソース」は生パスタです(各+300円)。パスタにはパンも付いてきます。

私は、週替わりの「ズッキーニとリコッタチーズのトマトソース」のスパゲティを選びました。


 
トマトの風味と酸味がしっかり感じるとともにコクもあり……。そこにリコッタチーズが加わって、まろやかさが増し増しに。シェフのパスタには毎回、唸らされてしまいます。

そしてメインは、霧島高原豚を使用した料理です。内容は日によって替わり、この日は「霧島高原豚のカチャトーラ」。


 
リストランテにも匹敵する美しい一皿です。これは、とてもじゃないけどサンダル履きでいただく料理ではないですよ!とツッコむと、「そう思わせたなら勝ちですね」とシェフもしたり顔。

「カチャトーラ」は「猟師風の料理」という意味で、元々は仔羊肉を使ったローマの郷土料理だそう。玉ねぎなどの野菜、きのこ類、アンチョビ、ニンニク、ペッパーを炒め、白ワインビネガーで仕上げたソースは、あっさり軽めなのに芳醇。ピンク色に火を通したお肉はとっても柔らかく、甘さがじんわりと口に広がり至高の味わいです。

ドルチェは日替わりでこの日は「バスクチーズケーキ」、ドリンクはコーヒーか紅茶をホットかアイスで選べます。


 
メインを食べ終えた時点で満腹でしたが、これは別腹。まろやかで甘さ控えめの上品な味わいで、ペロリと完食しました。

胃も心も十二分に満たされたところで、シェフにランチのコンセプトを尋ねると「足りないとは言わせない!ですね」と笑みで返してくれました。このランチを勝負に例えるならば、シェフとの対決、見事に私の完敗です。

店名 Trattoria Porcellino(トラットリア・ポルチェリーノ)
住所 福岡県福岡市中央区警固2丁目12−12 警固丸ビル1F
電話番号 092-714-7221
営業時間 12:00〜OS13:30/18:00〜OS21:30(木曜は夜のみ)
定休日 火・水曜
URL https://www.facebook.com/trattoriaporcellino/

※この記事は取材時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等は変更の場合があるため、
おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
※撮影時にマスクやアクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。

外部リンク
贅沢で破格! あの高級焼肉店の特撰焼肉盛り合わせランチ
高宮エリアで出逢える、破格の2,000円フレンチコース

THE WRITER

魅力的な福岡の食文化をもっと楽しんでいただくためのバイブルとして、厳選した信頼性のある情報を毎日更新中。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE