「BAR CABLE CAR」(大名)の「和梨とウォッカのカクテル」

「BAR CABLE CAR」(大名)の「和梨とウォッカのカクテル」

シナモンの香りが和梨の甘さと風味を引き立てる一杯

BAR CABLE CAR

今回は大名の「BAR CABLE CAR」を訪問。
オーナーの岸本辰一さんが1984年に飯塚で創業し、1993年に福岡店としてこの地に誕生した。
以来、「COOPER」「HALF PENNY」「HENRY POOLE」といった、本場のブリティッシュバーやアイリッシュパブを彷彿とさせる、こだわりと個性に満ちた店舗を福岡市内各所に展開し、現在系列店は11店を数える。
店長の柴田豊志さんは、天神・親不孝通りにあった「サントリー・ジガーバー」や中洲の「COCKTAIL & SHOT BAR KACHUSHA(カチューシャ)」などでバーテンダーとしての腕を磨き、2013年より「BAR CABLE CAR」のカウンターに立つ。

「BAR CABLE CAR」(大名)の「和梨とウォッカのカクテル」

今回オーダーしたのは「和梨とウォッカのカクテル」。
和梨にウォッカとレモンジュース、洋梨のシロップを合わせてシェイクしたものにジンジャエールを加えて完成となる。
この日の梨は「幸水」。瑞々しい風味と爽やかな甘さに加えて、粗くすりおろした梨のシャリシャリ感が楽しい一杯だ。
また、仕上げに振られたシナモンパウダーの香りが梨の存在感をいっそう引き立て、カクテルの味わいに広がりを与えている。

BAR CABLE CAR

サンフランシスコの街を走るケーブルカーを再現した店内。長いバーカウンターの奥には、思わず息を呑むほど圧倒的なミニチュアボトルのコレクションが飾られている。
こうした異国情緒あふれる非日常空間の中で、手頃な価格で洋酒やカクテルが味わえるのが「BAR CABLE CAR」、そしてその系列各店の醍醐味となっている。

店舗名:BAR CABLE CAR(バー・ケーブル・カー)
ジャンル:バー
住所:福岡市中央区大名2-2-42 ケイワンビル1F
電話番号:092-725-7897
営業時間:19:00~翌3:00
定休日:なし
席数:カウンター18席、テーブル13席
個室:なし
メニュー:チャージ550円、和梨とウォッカのカクテル1,400円、フルーツカクテル1,400円〜、カクテル880円~、ウイスキー770円〜
URL:https://www.halfpenny.biz

THE WRITER

魅力的な福岡の食文化をもっと楽しんでいただくためのバイブルとして、厳選した信頼性のある情報を毎日更新中。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE