親不孝通りの町寿司で、並にぎり1,100円、特上でも3,000円アンダーの衝撃!

親不孝通りの町寿司で、並にぎり1,100円、特上でも3,000円アンダーの衝撃!

かつては若者の街として大いに賑わった親不孝通り。繁華街の中心が天神の南へと移っていくにつれて人通りが減った時期もありましたが、最近は「北天神エリア」とも称され、再び飲食店が増えつつあります。そんな通りの一角に9月のオープン以来、人気を集めているのが「博多太郎寿司」です。

博多太郎寿司外観

昭和通りから親不孝通りを海側に向かって最初の角を左に曲がったマンションの1階にある店舗は、濃紺の看板とうぐいす色の暖簾が掛けられたいかにも「町寿司」然とした店構え。大将の今村太郎さんは鹿児島県の出身で、父親は今も地元の伊佐市で「太郎寿司」を営んでいるそうです。今村さんは地元を離れて長く福岡の「高玉」や「たつみ寿司」などの名店で修業した後、「福岡で町寿司をやりたかった」と、天神エリアに独立開業しました。

博多太郎寿司大将

今村さんが目指す町寿司は、「サラリーマンでも気軽に来れる寿司屋」がコンセプト。毎朝長浜鮮魚市場に通っては自ら魚を仕入れ、ランチタイムには「1,000円からお釣りが来ると嬉しいでしょう?(笑)」と、にぎり寿司(8貫)、海鮮丼ともに950円というサービス価格で提供しています。

博多太郎寿司01

1,000円アンダーのランチも魅力的ですが、夜のメニューも「並にぎり」が1,100円からと負けずにリーズナブル。せっかくなので、ここは迷わず「特上にぎり」(2,970円)を注文することにしました。大皿いっぱいに盛られたにぎりは、ヤリイカ、大トロ、タイ、アワビ、穴子、太刀魚、イクラ、ウニ、エビの9貫に玉子焼きが付いた超豪華版! いやはや、この内容で3,000円アンダーとは、にわかには信じられないほどです。太っ腹な大将に、ただただ感謝です。

博多太郎寿司02
博多太郎寿司03

好きなネタだけを選んで食べたいという人は、単品で注文することもできます。こちらも2貫165円からで、写真の甘鯛の炙りやアラといった高級魚も2貫で440円、660円というお値打ち価格。大将の地元で作っているブランド米「伊佐米」を使ったシャリに乗せられたネタも大ぶりで、十分に満足することができます。

博多太郎寿司04

夜は居酒屋的な使い方ができるのも魅力的です。手書きのメニューにはその日の仕入れによって一品料理がズラリと並び、この日は今が旬という大将おすすめの「タラの白子」(1,320円)を塩焼きで注文しました。他にも刺身や炙り、焼き物、煮物、天ぷらやフライなどの揚げ物まで揃い、どれも酒のつまみとして最高です!

博多太郎寿司05

ドリンクメニューも充実していますが、やはりオススメは大将の地元・鹿児島伊佐地方の地酒である伊佐美、伊佐泉、伊佐大泉といったプレミアムな芋焼酎。日本酒に負けず劣らず、魚料理に合うことを再認識させてくれます。

博多太郎寿司店内

ネタケースには常に新鮮な魚が並び、昼も夜もリーズナブルに楽しめる寿司屋としてはクオリティもコスパもトップクラス。昔ながらの町寿司が姿を消す中での新店の登場に、リピーターが急増しているのも納得です。

博多太郎寿司メニュー1
博多太郎寿司メニュー2

《博多太郎寿司》
福岡市中央区舞鶴1-9-3朝日プラザビル天神1F
092-981-3629

店舗名:博多太郎寿司
ジャンル:寿司、居酒屋
住所:福岡市中央区舞鶴1-9-3朝日プラザビル天神1F
電話番号:092-981-3629
営業時間:11:00〜OS13:30/17:00〜OS21:00
定休日:日祝日
席数:カウンター7席、テーブル10席
個室:なし
メニュー:にぎり寿司ランチ950円、にぎり寿司(2貫)165円〜、並にぎり1,100円、上にぎり2,070円、特上にぎり2,970円、刺身(3種盛り)990円〜、炙り盛り合わせ1,650円
URL:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40062108/

THE WRITER

魅力的な福岡の食文化をもっと楽しんでいただくためのバイブルとして、厳選した信頼性のある情報を毎日更新中。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE