SDGs ”未利用魚”で定額制サービス開始~福岡市のベンチャー企業

6月はRKB70周年を記念した「カラフルマンス」として、SDGs=持続可能な開発目標への様々な取り組みを紹介しています。

今回は、「海の豊かさを守ろう」です。

鮮度や味は変わらないのに大きさや形が不揃い、認知度が低いなどの理由で市場に流通しない魚は、漁師たちの間で「未利用魚」と呼ばれています。

廃棄されることもある「未利用魚」を、簡単な調理で美味しく食べてもらおうと、福岡市のベンチャー企業が定額制のサービスを始めました。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE