『魚串うず』で人気のランチを専門店化 魚介出汁の旨味スープの麺料理と絶品ご飯

『魚串うず』で人気のランチを専門店化 魚介出汁の旨味スープの麺料理と絶品ご飯

昭和通りから1本北に入った法務曲近くのビル2階に、魚介の旨味たっぷりで「毎日食べても飽きない味」の各種麺料理が食べられる店がオープン!  コロナ自粛期間中は臨時休業を余儀なくされた、警固の『魚串うず』店主・白水欣亮さんが、担々麺やつけ麺、混ぜそばなど麺の専門店にチャレンジした。

「『うず』のランチで出していたら、どんどん新しいメニューを出したくなって」と白水さんが言う通り、汁なし・あり、豆乳など、担々麺だけで6種、他に醤油ラーメンや『牛肉とレタスのピリ辛つけ麺』(800円)など麺だけで全11種類、さらに『雲仙ハム丼』などご飯ものも充実。しかも「ジャンルにとらわれずに、季節に合わせた麺料理を提供したい」ということなので、今後の新メニューにも期待せずにはいられない!

丼はフォルムがかわいい特注品。丼の縁をグルリと囲むオシャレな雷文は、「娘がいくつか描いたものを、デザイナーさんが入れてくれたんです」。夫婦で厨房に立ち、2人の娘さんの名前を一音ずつ店名に入れたと聞くと、白水さん一家の温かさが感じられてますますファンになりそう。

近隣に法務局をはじめオフィスビルが多いので、12〜13時は満席になりがちだから、前後の時間に外すのがオススメ。+100円で麺を大盛りにもできるけれど、ご飯モノも絶品だから、ご飯と一緒に楽しんでほしい!


プリプリの中太ちぢれ麺に、アゴや昆布など、魚介類の旨味が満載のスープがからむ担々麺(写真手前/680円)と、酢の酸味、辣油の辛味に卵の甘味と魚介の旨味、塩味が五味一体となった『酢辣湯麺』(700円)

雲仙ハムの一番美味しい食べ方と言って過言ではない『雲仙ハム丼』(250円/単品オーダー不可)

お値段以上の美味しさに驚いてほしい『塩サバ炊き込みおにぎり』(130円)

Tシャツや暖簾に描かれているのは、オリジナルキャラクターの「おめんちゃん」

味変用の煮干し酢が卓上に置かれている

店名 おめんやSIKI
住所 福岡市中央区舞鶴3-2-27サン舞鶴2階
電話番号 092-791-1713
営業時間 11:30〜OS15:00 ※コロナのため
定休日 日曜、不定
座席数 15席
駐車場 なし
カード 不可
Instagram @omenya_siki

※この記事は、シティ情報ふくおかの『麺本2021』より抜粋して掲載しています。
≫ 福岡の街の情報盛りだくさん「ふくおかナビ」

日曜劇場『オールドルーキー』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE