PageTopButton

「ボートレース若松」でアルミ板が落下 作業員1人軽傷

ニュース事件・事故

北九州市若松区のボートレース場でアルミの板が落下し、1人が軽いケガをしました。

若松区の「ボートレース若松」にあるボートリフト装置の建物で24日午後7時すぎ、アルミの板が天井部分から落下しました。アルミの板は縦2センチ、横3メートル80センチで重さはおよそ1キロです。この事故でボートリフトを操作していた60代の男性が左足に軽いケガをしています。

北九州市によりますと、アルミの板は粘着質のもので貼り付けられていたということで、経年劣化が原因とみられています。市は25日高所作業車で点検を済ませ、別の場所にある同じ部品を撤去しています。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」

ニュース

もっと見る

事件・事故

もっと見る