PageTopButton

福岡市の私立高校2年の女子生徒が遺書を残して自殺 高校が県に報告せず

今年5月、福岡市の私立高校に通う女子生徒がいじめなどを訴える遺書を残して自殺しました。
高校は、この事実を県に報告していませんでした。
今年5月、福岡市の私立高校に通う2年生の女子生徒が、いじめにあったことや家庭内の状況などを書いた遺書を残して自殺しました。
高校は、専門家を入れた対策委員会を設置して生徒や教員への調査を実施したもののこの事実を県に報告していませんでした。
高校は、調査では「いじめはなかった」としていますが、県は、いじめ防止対策推進法に基づく「重大事態」に認定し、経緯をまとめた報告書を提出するよう求めています。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」
radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」