PageTopButton

佐賀に異色のプロ野球“新球団”が登場、野球の盛んでない国で編成しインドネシア人キャプテンは「成果を見せる、ワクワクしている」

ニューススポーツニュース

佐賀県を本拠地とする新たなプロ野球チームが来シーズンから活動を開始します。インドネシアなどアジア出身選手が中心の異色のチームで九州アジアリーグに参戦します。

各国代表選手+日本人の30人


佐賀県武雄市と嬉野市を本拠地として来シーズンから活動を開始するのはプロ野球チーム「佐賀インドネシアドリームズ」です。新たなチームは、インドネシアやフィリピン、パキスタンなど野球が盛んではない国々の代表選手たちを中心に日本人選手を加えた30人で編成されます。来シーズンから九州アジアリーグに準加盟し2025年のシーズンから本加盟をすることを目指しています。

地元の市長も期待「インバウンドが深まる」


2日に開かれた会見で、インドネシア人のキャプテン・ラマダハン・リスキー選手が新チームでの意気込みを語りました。

ラマダハン・リスキー選手「4月から厳しい練習をやってきました、その成果を見せたい、非常にワクワクしています」

「佐賀インドネシアドリームズ」と武雄市・嬉野市とのホームタウン協定の調印式も開かれ武雄市の小松市長が新チームへの期待を示しました。

武雄市・小松政市長「ホームタウンとして市民に愛される球団を目指して頑張っていきたい。インドネシア、東南アジアとのインバウンドや交流がさらに深まることを期待している」

来日後は武雄市のマンション暮らし


チームのメンバーは、現在、インドネシアで練習を行っていて、来年2月の来日後は武雄市のマンションで生活するということです。アジア各国から来日する選手たちは、野球に専念できる報酬と環境が用意される予定でホームタウンの魅力を発信する活動にも積極的に参加するということです。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」
radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」

ニュース

もっと見る