PageTopButton

今年も残り1か月あまり…愛宕神社で迎春準備の破魔矢作り

ニュース文化

今年も残すところあと1か月あまりとなりました。 福岡市の神社では、新年の初詣で参拝客に授与される縁起物の破魔矢(はまや)づくりが行われています。

厄除けや開運の願いが叶うとされる「赤いひょうたん」

福岡市西区の愛宕神社の社務所では、新年の縁起物として授与する破魔矢づくりが進められています。愛宕神社の破魔矢は、厄除けや開運の願いが叶うとされる赤いひょうたんがついているのが特徴です。27日は、巫女が破魔矢を1つ1つ手に取り、思いを込めながら赤いひょうたんを丁寧に取り付けていました。今年の破魔矢づくりは今月上旬に始まり、来月中旬まで続く見込みで、今年は3種類、およそ3000本を用意するということです。愛宕神社は正月三が日の期間中、およそ50万人の参拝客を見込んでいます。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」
radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」

ニュース

もっと見る