PageTopButton

“大麻所持”疑いで学生の逮捕が相次ぐ福岡大学に「夜回り先生」薬物乱用のおそろしさを語る

ニュース教育
学生が大麻所持の疑いで相次いで逮捕されている福岡大学を水谷修さんが訪れ、薬物乱用の防止を28日、訴えました。


◆水谷修さんが「シンナーで死亡した若者」語る
福岡大学で28日午後に行われた薬物乱用防止講演会。講師を務めたのは、「夜回り先生」として知られる水谷修さんです。シンナーが原因で亡くなった若者について話しました。


◆今月に入り2人の学生が大麻所持の疑いで逮捕された
福岡大学では今月に入り、学生2人が大麻取締法違反の疑いで逮捕されたこともあり、参加した学生たちは、薬物が身近なものとして講演に耳を傾けていました。全国で若者の大麻汚染が広がる中、福岡県内でも大麻をめぐり、先月末までに去年の同じ時期を100人以上上回る380人が検挙されています。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」

ニュース

もっと見る