PageTopButton

“逮捕状”を持ってきた警察官を振り切り逃走した「組員」関係先のガールズバーを家宅捜索

警察官を振り切って車で逃げ、3台を巻き込む事故を起こしたとされる暴力団組員の男が、再び逮捕された。逮捕はこれで3回目で、営利目的で覚醒罪を所持した疑いが持たれている。警察は30日、関係先とみられるガールズバー(福岡市早良区)の家宅捜索に乗り出した。


◆覚醒罪を営利目的で所持した疑い
特定抗争指定暴力団「六代目山口組」系の組員・藤井紋寛容疑者(34)は先月24日、福岡市博多区須崎町の路上で覚醒剤8・918グラム、末端価格にして約55万円を営利目的で隠し持っていた疑いが持たれている。警察は藤井容疑者の認否を明らかにしていない。先立って、尿検査で覚醒剤の陽性反応が出たため、覚醒剤を使用した疑いで今月7日に逮捕されていた。逮捕はこれで3回目となる。


◆組事務所やガールズバーを家宅捜索
警察は30日午後、男が所属する組事務所を家宅捜索。午後6時半からは、ガールズバー(福岡市早良区)にも捜査員を派遣した。このバーは、藤井容疑者の関係先とみられている。藤井容疑者が最初に逮捕されたのは、先月24日のことだった。この日、別事件の“逮捕状”を持って訪れた警察官を見るや、制止を振り切って車に乗り込み逃走。トラックなど3台を巻き込む事故を起こし、逃げ込んだマンションで住居侵入の疑いで現行犯逮捕された。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」