PageTopButton

部活動内でいじめ自殺 県が再調査を決定 「事実関係明確になっていない 遺族の主張は合理的」

再調査委員会の答申内容


・いじめの事実関係が十分に明確になっているとはいえない
・不学校の再発防止策について再考の余地があること
・被害生徒の保護者の主張が合理的なものと認められる

遺族も再調査を求めていた


第三者委員会の報告をめぐっては、遺族が、いじめ行為が侑大さんに与えた心理的影響や学校の対応について調査が不十分だとして、福岡県に対して早期に再調査を実施し、自殺に至ったのか原因にについて踏み込んだ判断をするよう求めていました。
 

侑大さんの母親のコメント


県が再調査の実施を決めたことを受け、侑大さんの母親がコメントを出しました。

県が再調査の実施を速やかに決定してくれたことについて、とても感謝しています。再調査委員会では、事実関係をより一層明らかにしていただき、侑大が死をえらばないといけなかった原因をきちんと認定していただきたいと思っています。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」