保育園児らがヤマメの稚魚放流~彦山川に1万匹 福岡・添田町

福岡県添田町の彦山川で、地元の保育園児などがヤマメの稚魚約1万匹を放流しました。

添田町を流れる彦山川の上流には16日、地元の保育園児など約40人が集まり、ヤマメの稚魚1万匹を放流しました。地元の釣り愛好家によるグループが、英彦山の自然環境を守ろうと8年前に始めたものです。
九州北部豪雨で護岸が崩れ、放流は一時中断されていましたが、整備が終わったことを受け、4年ぶりに実施されました。

●園児「すごかった」「大きくなってほしい」

ヤマメの稚魚は体長4センチくらいですが、秋ごろには15センチほどまで成長するということです。

金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE