【速報】九州北部地方が梅雨明け~梅雨期間は17日間で観測史上最短 平年より21日、去年より15日早く

福岡管区気象台は28日、九州北部地方が梅雨明けしたとみられると発表しました。
観測史上最も早く、6月中の梅雨明けは初めてのことです。平年よりは21日、去年より15日早くなっています。

また梅雨の期間は17日間で、こちらも観測史上最も短くなります。
これまでで、最も早い梅雨明けは1994年(「平成大渇水」)の7月1日で、最も短い梅雨期間は2017年と1978年(「昭和53年大渇水」)の23日間です。

今年は、夏の太平洋高気圧の勢力が急激に強まり、梅雨前線を一気に北に押し上げたため、全国的に記録的に早い梅雨明けとなっています。
気象庁は、梅雨明けしてから1週間ほどは厳しい暑さが続くため、熱中症などに警戒するよう呼びかけています。

福岡市では、6月11日の梅雨入りから27日までの降水量が61ミリと、平年の35%にとどまっています。
福岡県内の主なダムの平均貯水率は、27日午前9時の時点で59.7%です。最も低い添田町の油木ダムは20.2%となっています。

火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE