放送文化基金賞 RKBラジオドキュメンタリーが優秀賞を受賞

放送文化基金賞の贈呈式が開かれ、RKB制作のラジオドキュメンタリー番組に優秀賞が贈られました。

東京で開かれた贈呈式では、ラジオ番組部門で優秀賞を受賞したRKB制作のドキュメンタリー「永遠の平和を あるBC級戦犯の遺書」に対し、記念の楯が贈られました。

1950年にBC級戦犯として28歳で命を絶たれた福岡県出身の藤中松雄(ふじなか・まつお)さんの遺書を紹介する番組です。

取材・構成を手がけた大村由紀子ディレクターに、企画・制作賞が贈られました。

受賞番組は、RKBラジオで、今月15日に再放送されます。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE