福岡選挙区の当選候補者が抱負 参院選一夜明け~投票率は前回比で5ポイント以上高く

参議院選挙から一夜明けた11日朝、福岡選挙区で当選した候補者が、国政に臨む意気込みを語りました。

改選3議席の福岡選挙区では、自民党・現職の大家敏志氏が58万6000票余りを獲得してトップ当選したほか、立憲民主党・現職の古賀之士氏、公明党・現職の秋野公造氏が再選を果たしました。

一夜明けた11日、大家氏は選挙事務所で当選を伝える新聞に目を通し、3期目の抱負を語りました。

大家敏志氏「財政政策を通して国民生活、県民の暮らしを守ることに万全を尽くしていきたいと思います」

一方、佐賀選挙区では自民党の現職・福岡資麿氏が、21万票8000票余りを獲得して3回目の当選を果たしました。

投票率は、福岡選挙区が48.76%、佐賀選挙区が51.12%で、3年前の参院選よりいずれも5ポイント以上高くなっています。

金曜ドラマ『クロサギ』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE