「子供の近視」が増加~夏休み“スマホ・タブレット”使いすぎに注意を

小学生や中学生など子供の世代で、近視の割合が増えていることが、国の調査でわかりました。原因の一つに、スマホやタブレットなどを見る時間が増えたことがあるとされていて、夏休みで自由時間が増えるこの時期、使いすぎに注意が必要です。

「黒板の字が少しぼやけて」

子供の来院者が多い、福岡県粕屋町の眼科です。この日も多くの小学生や中学生が診察を受けていました。

 

小学4年生「4年生入ったぐらいから、細めないとちょっと見えないときがある」
中学1年生「黒板の字が少しぼやけていたり、タブレットを使って授業するときも、少し小さい字が見づらかったりするので」

受診の小中学生 約70%が“近視”

この眼科では、去年1年間に受診した小・中学生の約70%が、「近視」または「近視の疑い」と診断されました。若年層で「近視」が進行する原因には遺伝もありますが、日頃の生活など社会的要因も大きいと医師は話します。

川原眼科 川原周平理事長「近くで見る作業、近見作業が増えているということです。タブレットを見る、本を見る、スマホを見る、そういう時間が増えていくことによって近視が増えていると言われています。家庭で気をつけても、学校でパソコンとかタブレットするので避けられない状況になっている」

年々増加する「動画視聴」時間

内閣府の調べによると、小中学生が一日にインターネットを使う時間は年々増えています。小学生で3時間以上、中学生は4時間を超え、利用の目的は動画の視聴やゲーム、勉強が多くなっています。

中学1年生「平日は1、2時間で土日はもう少し多いかな。見る時間は決まっているけど過ぎちゃう」

中学3年生「YouTubeとか、1時間2時間、1時間・・・」

保護者「見る距離は近いし、時間も決めてはいるんですけど、自分の部屋に入ってしまっていると、もうなかなか管理はしづらいです。設定したりとか時間を制限したりしても、今コロナだったりとかで友達と遊ぶ時間が減ったりとかしていると、ついつい少し緩めてしまっているかなというところはある」

「屋外での遊び」減少も要因の一つ

また、新型コロナの影響で屋外で遊ぶことが減ったのも、近視が増えた要因の一つだといいます。

川原眼科 川原周平理事長「太陽光にもいろいろ成分が含まれているので、中でもバイオレット光というものが、近視の進行を抑える作用があるというデータが出ています。外で遊んでいるとバイオレット光も自然に浴びるので、近視が進みにくくなります」

近視のメカニズム

目は通常、角膜から入った光を、伸び縮みする水晶体がレンズのように屈折させ、網膜に焦点を合わせることでハッキリと見えます。

しかし、近いものを見すぎると、角膜から網膜までの距離=眼軸長が伸びてきます。この場合、逆に遠くを見たときに焦点が網膜より手前に来て見づらくなり、近視が起きるのです。

小中学生8600人を調査

文部科学省は昨年度初めて、全国29校の小・中学生約8600人を対象に、眼軸長を調査しました。

成長とともに伸びる眼軸長は、大人でも24ミリを超えると近視の可能性が高いとされますが、測定値の平均をみると、小学6年の男子ですでに24ミリを超えています。

一度長くなった眼軸は、治療で短くすることはできません。眼鏡やコンタクトレンズで矯正することはできますが、川原医師は大人になってから起きるリスクがあると指摘します。

「近視は網膜剥離などの原因にも」

川原周平理事長「近視が強くなってくる、強度近視になってくると病気を発症するリスクっていうのが大人になって上がってくる。例えば、眼底出血であったりとか緑内障であったりとか網膜剥離であったりとか、近視が原因になってくる。子供のときに近視をできるだけ強くしないっていうことが、大人になって病気にならない予防になる」

「スマホ内斜視」にも注意

小さい画面を見続けることが引き起こす症状は、ほかにもあります。

この患者は、片方の黒目が内側に寄っています。「急性内斜視」=通称「スマホ内斜視」とも呼ばれ、物が二重に見えるなどの症状が現れます。

川原周平理事長「要は近くでずっと見ていると寄り目になってしまうので、筋肉が内側によるのが強くなってしまって戻らなくなってしまう。スマホ内斜視は基本的に治らないと言われているので、最終的に手術の治療が必要になることもあります」

「時々、目を休めることが重要」

子供に限らず、仕事にプライベートに一日中スマートフォンを使う大人も発症する可能性があります。小さい画面を見るときには、時々目を休めることを意識するのが重要だと医師は話します。

川原眼科 川原周平理事長「日常生活で気をつけることは、近くで物を長時間見ない、ちょっと離して見る、長い時間見たらしっかり休むということです。あとはできるだけ外に少し出る時間を作ったらいいのかな」

【文部科学省が勧める予防法】

・端末は目から30センチ以上離して、姿勢をよくして使う

・30分に1回は休憩し、20秒以上遠くを見る

・ゆっくりまばたきを20回ぐらいし、伸びをして体を動かす

・部屋の明るさに合わせて画面の明るさを調整する

・寝る1時間前は使わない

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE