JR九州「内定式」2年ぶり開催 来春入社予定の44人出席~去年は新規採用見送り 

来年春に入社予定の学生たちを集めた内定式が3日、多くの企業で開かれました。JR九州は去年、新規採用を見送ったため2年ぶりの開催です。


◆内定者44人が出席
福岡市博多区のホールで開かれたJR九州の内定式には、来年春に入社予定の大学生など内定者44人が出席しました。

JR九州 山根久資総務部長「コロナウイルス感染症拡大の影響もあって、非常にこの2年厳しい状況にあります。そのような中で、当社を選んでもらったことは本当にありがたい」

内定者代表の手柴智佳さんは「挑戦者であるという自覚を胸に、JR九州の発展に貢献していきたい」と抱負を述べました。


◆内定式は2年ぶりの開催
内定者の南沙也加さん「就職活動は、やはりオンライン上でのコミュケーションといった面で、すごく難しく感じました。お客様の利用しやすいサービスと九州の発展に貢献できるサービスを一生懸命提供したい」

JR九州は去年、新型コロナの感染拡大による経営環境の悪化などを理由に新規採用を見送っていて、内定式は2年ぶりの開催となりました。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE