PageTopButton

ホークス “熱男”松田選手が移籍した巨人とオープン戦…藤本監督「メンバーを絞る」

スポーツ
ホークスは14日、“熱男”松田選手が移籍した巨人とのオープン戦に臨みました。開幕1軍入りをかけ、選手たちが必死にアピールしています。

藤本監督「ある程度メンバーを絞る」

雲ひとつない快晴のもと熊本で行われたオープン戦、試合前には柳田選手や栗原選手たちが、巨人に移籍した松田選手と笑顔で言葉を交わしていました。藤本監督は14日からの巨人との3連戦で「ある程度メンバーを絞る」とコメント、開幕1軍入りをかけたアピール合戦も大詰めです。
雲ひとつない快晴のもと熊本で行われたオープン戦、試合前には柳田選手や栗原選手たちが、巨人に移籍した松田選手と笑顔で言葉を交わしていました。藤本監督は14日からの巨人との3連戦で「ある程度メンバーを絞る」とコメント、開幕1軍入りをかけたアピール合戦も大詰めです。

石川投手「余計なことを考えずに」

先発は、開幕ローテーション入りが内定している石川投手。先頭バッターにツーベースヒットを打たれ、いきなりピンチを背負いますが…3番の吉川選手を得意球のパワーカーブで空振り三振。4番の中田選手はセカンドゴロに打ち取り無失点で切り抜けます。
川投手は「出力はあまり良くなかった」と試合後に話しましたが、5回途中を2失点とまずまずの投球を見せました。
石川投手「シンプルにいければ、シーズン中も余計なことを考えず、バッターに集中できればいいなと。長いイニングを投げられたのは良かったと思います」

栗原選手“打率4割超”

9番でスタメン出場の三森選手。オープン戦は試合前まで打率1割台と苦しんでいましたが、14日は2本のヒットをマークすると、すかさず盗塁も決めるなど去年のリードオフマンがここから状態を上げていきそうです。
三森選手「もっともっと結果を出さないといけないと思いますし、ここからもう一段階上げていけるようにやっていきたいです」

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう