PageTopButton

アビスパ福岡 エース・山岸選手のゴールで先制し4試合ぶりの勝利~FC東京と対戦

サッカーの明治安田生命J1リーグです。アビスパ福岡は3日、FC東京と対戦。エース・山岸選手が先制のゴールを決めました。


◆注目の鶴野選手
サポーター「山岸と金森が点をとるところを見たいです」「がんばれアビスパ」

スタジアムを訪れた子ども達に4試合ぶりの勝利を届けたいアビスパ。注目は福岡大学出身で、22歳以下日本代表候補の鶴野怜樹(つるのれいじゅ)選手。前半37分、ペナルティーエリア内でボールを受けましたが、ゴールとはなりません。前半は、日本代表・長友選手を擁するFC東京を相手に0対0で折り返します。


◆4試合ぶりの勝利
後半12分、ゴール前にこぼれたボールに鶴野選手が反応!しかし、相手キーパーに阻まれます。その15分後、アビスパがようやくチャンスをつかみます。エース・山岸選手のゴールで先制点をもぎとります。その後も、1万人を超えるサポーターの声援を受けたアビスパは攻撃の手を緩めず、4試合ぶりの勝利を手にしました。


◆サガン鳥栖は連勝ならず
サガン鳥栖は去年の王者・横浜Fマリノスと対戦。前半3分にうまく飛び出した味方からの折り返しに本田選手!パリオリンピック世代・本田選手の2試合連続ゴールで、サガンが幸先良く先制します。しかし、その後は地力で勝る相手に逆転を許したサガン、今シーズン初の連勝とはなりませんでした。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」