サクッじゅわっバター香る。クロワッサンの専門店が六本松に

サクッじゅわっバター香る。クロワッサンの専門店が六本松に

六本松駅から徒歩3分、別府橋通り沿いにある焼肉店「どらごん その2」を曲がった先に、何やらオシャレなお店を発見しました。その名も「CAFE de CROCK(カフェ・ド・クロック)」。3月14日にオープンしたクロワッサンの専門店です。

クロワッサンのクロと、イメージカラーの黒、そこにパリの街区のイメージを重ねた「96区」というロゴが目印です。店の外にまで漂うバターの甘い香りに誘われ中へ入ってみると、黒とオレンジを基調としたシックな店内が目に飛び込んできました。

ショーケースには、店内で焼き上げられたクロワッサンがズラリ!
10:00からはイートインスペースも利用でき、ワインなどのアルコールも提供しているのでちょい呑みも楽しめますよ。

※写真:店舗提供

自慢のクロワッサンは“プレミアム”と冠している通り、素材と製法にこだわりがキラリ。マーガリンなどは混ぜずにバターのみを使用しています。27層にも折り込んだ生地は、焼き立てだとサックリ香ばしく、冷めてもしっとりと美味。小麦粉を配合し馴染ませるのに一晩、生地を伸ばしてバターを包み折り込んで一晩、さらに伸ばしてカットし発酵させるのに一晩……と、約3日間かけて仕上げているそうです。

看板メニューの「プレミアムクロワッサン」は、現在4種類が揃います。左上から右回りに「プレーン」、蜜を塗った「スイート」(各280円・イートイン285円)、「チョコ」(330円・イートイン336円)、「チーズ」(350円・イートイン355円)。香りを重視しフランス産の小麦粉を使用しているそうで、口の中いっぱいに広がるリッチな風味がたまりません。

これらは7:00からの販売で、10:00まではプレーンまたはスイート1個にドリンクがつく「モーニングセット」(550円)も提供しています。

オーナーの吉村幸太郎さんの実家は青果卸店を営んでおり、新鮮な野菜や果物を使ったサンドとスイーツ系クロワッサンも登場。こちらは10:00からの販売となります。

また、サンド系の生地には、具材との相性を考え香りが強すぎない九州産小麦粉を使用しているそう。ジューシーな甘味が広がるイチゴやチョコバナナ、しっとりとしたパストラミビーフやスモークサーモンを挟んだものまで多彩です。

なかでもおすすめは、飯塚市「あかね農場」の「つまんでご卵」を使用する「カスタード」(写真400円・イートイン407円)や「たまごサンド」(460円・イートイン468円)。平飼いで育てられた健康的な卵のコクが広がる一品です。

さらには10:00から提供するイートイン限定メニューにも注目。好みのクロワッサンにプラス料金でドリンク・サラダ・スープ・つまんでご卵を使った玉子料理を自由に組み合わせることができますよ。写真のようにすべてを組み合わせたDセットは、クロワッサンの価格+1,290円。

※写真:店舗提供

ちなみに、1日5食限定で「プレミアム卵かけごはんセット」(680円・写真右下)も提供しています。クロワッサンのお店ですが、つまんでご卵と新潟・魚沼産コシヒカリの炊きたてご飯で味わう卵かけも格別の味だそうで、すでにファンが付いているそうです。

モーニングからブランチ、遅めランチ……とさまざまなシーンで利用でき、手土産にもぴったりのプレミアムクロワッサン。ぜひ出かけてみてください。

店舗情報

店名 石CAFE de CROCK(カフェ・ド・クロック)
住所 福岡市中央区六本松4丁目9-31
電話番号 092-791-9609
営業時間 7:00〜19:30(サンド系の販売とイートインは10:00〜、イートインOS19:00
定休日 不定
URL https://www.instagram.com/cafedecrock/

※この記事は取材時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等は変更の場合があるため、
おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
※撮影時にマスクやアクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。

外部リンク
本場そのままの雰囲気の中、仲間たちと共にワインと料理を楽しむ
フレンチシェフお手製の“ごちそうキッシュ”専門店が住吉に

THE WRITER

魅力的な福岡の食文化をもっと楽しんでいただくためのバイブルとして、厳選した信頼性のある情報を毎日更新中。

火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE