老舗の味を受け継いだ、やさしい味わいの水だき

老舗の味を受け継いだ、やさしい味わいの水だき

城南線から浄水通り側に少し入った薬院の静かな住宅街。周囲には飲食店も少ないマンションの1階で、ひっそりと営業しているのが「金のわらじ」です。女将・白井三希子さんの実家は、百年以上の歴史を持つ老舗料亭の「新三浦」。物心ついた頃から慣れ親しんできた「水だき」を、女性らしい家庭的なサービスで提供しています。

金のわらじ01
金のわらじ02

基本のメニューはシンプルに単品の「水だき」(3,300円)と「水だきコース」(4,500円)のみ。コースで注文すると、三希子さん手づくりの惣菜盛り合わせ5品と肝煮、手羽先の唐揚げが出てきます。これらをつまみにビールか焼酎でも飲みながら、主役の鍋を待つことにしましょう。

金のわらじ03

「新三浦」といえば白濁スープの元祖といわれ、「私が子どもの頃は店の敷地内に家があり、厨房にしょっちゅう出入りしていました」という三希子さん。祖父や父が毎日スープを仕込むの見ているうちに、その作り方を覚えるともなく覚えたといいいます。今では生後3ヵ月以内の新鮮な丸鶏を毎日早朝から5〜6時間以上も炊きあげ、伝統の白濁スープをとっています。

金のわらじ04

あらかじめ火を通して丁寧にアクをすくった鍋の中身は、骨付きのモモ肉がメインです。あらためてコンロに乗せて火を点けた後は、グツグツするまで煮込んだスープを一杯。伝統的なスープのとり方は実家と同じといいますが、マイルドで口あたりのいい飲み口は、どこか女性らしいやさしさを感じます。添えられた塩は全国各地の天然塩をブレンドしたもので、ひとつまみ入れるとさらにスープの旨味を引き立ててくれます。

金のわらじ06

スープを飲んだ後は、自分のペースで食べ進めることができます。これって結構大事なポイントで、仲居さんやスタッフが付いて調理してくれるフルサービスはもちろんありがたいのですが、筆者のような酒飲みは自分のペースで気ままに飲み食いしたいということもあるんですよね。というわけでチビチビと酒を飲みながら、ほろ酔い加減になったところで一気に野菜や豆腐を投入し、フィニッシュに向けて煮込んでいきました。

金のわらじ08

具材がほどよく煮えたところで小皿にとり、自家製のポン酢でいただきます。柑橘には橙、醤油は熊本産のヤマア醤油を使っていて、サッパリとした酸味にコクのある旨味が鶏肉、野菜の味にベストマッチ。もう少し食べたいというときは追加で「つくね」(800円)を注文することもできるので、そちらもオススメです。

金のわらじ09

シメのご飯ものは残ったスープを一旦厨房に引き取って濾し、ご飯に卵を落とした雑炊に仕たててくれます。黄身の色が濃い卵は女将の親戚が育てているという大分県産で、まろやかな甘みのある味に仕上がっていました。鶏肉と野菜のエキスが凝縮され、五臓六腑に染みわたります。

金のわらじ10

数年前に自慢の鶏スープをベースに豆乳などを加えた「博多水だきカレー」を商品化してレトルトパックで販売中。現在は夜だけの営業ですが、近々このカレーをメインにしたランチ営業を準備しているということなので、楽しみに待ちたいと思います。

金のわらじ店内

店舗名:金のわらじ
ジャンル:郷土料理、鍋
住所:福岡市中央区薬院4-18-26サンビューハイツ浄水1F
電話番号:092-524-0461
営業時間:17:00〜22:30
定休日:水曜
席数:カウンター4席、掘りごたつ16席
個室:なし
メニュー:水だき3,300円(2名より)、水だきコース4,500円(2名より)、つくね800円
URL:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40030794/

THE WRITER

魅力的な福岡の食文化をもっと楽しんでいただくためのバイブルとして、厳選した信頼性のある情報を毎日更新中。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE