田畑竜介Grooooow Up

月~木曜 6:30
日本初の「エスカレーターで歩かない街」福岡なら実現できる?

日本初の「エスカレーターで歩かない街」福岡なら実現できる?

エスカレーターは2列で使ってほしい。福岡市地下鉄が11月から「勇気を持って、右側に立ち止まろう」と呼びかけている。「エスカレーターは歩かない」「歩くなら階段で」をここ数年続けているRKB報道局の神戸金史解説委員は、「東京では難しいかもしれないが、福岡でならできるのでは」とRKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』で話し、「日本で初めての街になろう!」と呼びかけた。

 

福岡市地下鉄の中吊り広告

今月、福岡市の地下鉄に乗ると、目を引く中吊り広告がかかっているんです。プリントしてスタジオに持ってきました。

1.エスカレーター、歩くと危険

2.知ってほしい右側に立っている理由

3.2列で利用すると効率がいい。

4.勇気を持って、右側に立ち止まろう

私は1年前にもラジオで「右側に立とう」と呼びかけました。なかなかそうはなっていないのですが、エスカレーターで(歩かず)立つようになったら、世の中が少し変わるんじゃないかなと思っています。

(音声)

福岡市地下鉄の音声案内:こちらは改札口行き、上りエスカレーターです。エスカレーターは歩かれますと危険です。手すりにつかまり、2列に並んでご利用ください。

私はいつも地下鉄に乗る時に「乗る場所」を考えています。降りた駅のエスカレーターがまん前にあるドア。ひと駅前に席を立って、ドアの前に立つ。開いた瞬間にさっさと行って、先頭で右側に立ってしまうんです。これを、ずっと繰り返しています。毎朝、「迷惑な奴やな」と思っている人がいると思います。左側を(歩いて)通りたい人には通ってもらっていい、でも右側に(止まって)乗るのが普通になってもいいんじゃないでしょうか。中吊り広告は「勇気を持って、右側に立ち止まろう」とまで言っています。

右側にしか立てない人もいる

「2.知ってほしい、右側に立っている理由」という広告には、こう書いてあります。

「子供と手をつなぎたいから」

「左手をケガしているから」様々な理由で

右側に立ってる人がいます。

でも……『ジャマだ!』と言われた。

知ってほしい。

右側に立ちたい人、右側にしか立てない人がいることを

左半身がマヒしていて、右側にしか立てない。「体が不自由です」というサインをバッグにつけているけど、やっぱり何か言われてしまったり、目線を感じたりしているという人もいます。福岡市交通局に聞いたところ、2019~21年までの3年間に地下鉄駅のエスカレーターで転倒事故が54件起きているそうです。これは、連絡のあったものだけ。実際にはこの何倍もあると思います。右側を歩いていくことによって、左側に立っている人を引っかけたりすることもあるし、トラブルになる可能性だってなくはないですね。

2列の方が、効率もよい

広告の3枚目は、「2列で利用すると効率がいい」です。

急ぐ人のために片側を空けて

利用するのがよいことだと考えられた

時代もありました。

でも、両側に立ち止まって利用した方が、

多くの人を

より早くより効率的に運べます。

左側に1列になってずっと待っていませんか? そういう時、私はすっと右側に寄って、立ち止まることにしています。並んでいる人は「右側を行った方が早いやん!」と思うでしょうね。

 

「エスカレーターではつい1列で並んでしまう」という習性みたいなのがありますが、2列に並んだ方が、当然速いです。福岡市交通局営業課の宮崎岳彦さんにお話をうかがっています。

神戸:「勇気を持って、右側に立ち止まろう」の中吊り広告には、「日本の鉄道では、関西を中心に左空け、それ以外の地域では右空けが定着していて、まだ、2列利用が定着した例はありません。ここ福岡でエスカレーター2列利用を実現させましょう!」と書いていました。これは、出来たらすごいですね。

 

宮崎岳彦・営業課長:出来たら本当にすごいことと思いまして、ぜひ福岡から実現できたらなと思っています。

 

神戸:東京は人数が多くて、いつでも混んでいて、片側を空けないと殺気立ってしまう気がするんです。怖い、という感じがして。福岡だったら可能かもしれない、という気がしなくもないんです。

 

宮崎課長:福岡が適度な人数なのかもしれませんけど、右側が空いているんだけどそこまで歩く人は多くない状況です。右側に誰か立つことによって、列が発生するのじゃないかな、と。

 

神戸:「エスカレーター2列利用を、日本で初めて実現させた街」になりましょう!

 

宮崎課長:ぜひ、そうしたいと思います!

 

福岡なら、実現可能かも!?

急ぐ人は、階段で行けばいい。エスカレーターの右側を歩いて行っても数秒速いだけ。人を危険にさらしてしまうことと勘案したら……。「階段で歩いたらどうですか?」と、私は思っているんです。

 

東京は人数も多くて、常に「先頭に立つ」ことが不可能です。歩こうと思っている後ろの人を止めてしまいます。あと、長いエスカレーターが多いんです。下りエスカレーターも設置して、階段をなくしている場所もある。横に階段がなく、あっても長い。片側を空けないと後ろがイライラするので、東京では無理かなと思うんです。大学の友達が「妻がいつも東京でやっている。もう殺気立って、本当に怖い」と言っていました。でも、福岡ならできるのではないか? できたらすごいです。

この広告には、日本地図が出てきます(東福岡高校生徒会作成)。「左側空け」で乗っているのが、関西地方と福井・徳島・愛媛・高知・島根、それからなぜか宮崎。それ以外は全部「右側空け」。この中で唯一、福岡だけが赤色になっています。「福岡だけ、両側にしよう!」。これが実現できたら、かなり福岡は目立てると思いますよ、いい意味で。

◎神戸金史(かんべ・かねぶみ)

1967年生まれ。毎日新聞に入社直後、雲仙噴火災害に遭遇。福岡、東京の社会部で勤務した後、2005年にRKBに転職。東京報道部時代に「やまゆり園」障害者殺傷事件を取材してラジオドキュメンタリー『SCRATCH 差別と平成』やテレビ『イントレランスの時代』を制作した。

 

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

2023.02.08
  • 暮らし
  • ラジオ

番組SNS

  • Radiko
  • Twitter
  • Instagram
番組
SNS
  • Radiko
  • Twitter
  • Instagram