博多さっぱそうらん記

終了番組
博多が舞台のラジオ朗読劇に地元のスター・武田鉄矢が登場

博多が舞台のラジオ朗読劇に地元のスター・武田鉄矢が登場

RKB創立70周年記念として、月~金の午後2時25分から放送している連続ラジオ朗読劇『博多さっぱそうらん記』は、最終章である第4話「博多駅沈没!」でクライマックスを迎えようとしている。「博多市の怨念」から福岡の街を守るため、主人公たちの最後の奮闘が始まった。

 

これまで、福岡出身の俳優・松重豊さん(「マイヅル様」役)や声優・加隈亜衣さん(主人公「福町かなめ」役)たちが物語を進行してきたが、第4話で新たに「住吉」役として、俳優・歌手の武田鉄矢さんの出演が決まった。「博多市の怨念」の謎を解き明かす重要な場面で登場し、マイヅル様・かなめと博多弁のセリフをかわすことになる。

 

『博多さっぱそうらん記』は、福岡在住の作家・三崎亜記さんの新作SF小説。1890年の「市制施行時の名前をめぐる騒動(福岡市か博多市か)」と、2016年の「博多駅前陥没事故」から着想を得て、「博多を名付ける勢力が勝っていた世界」がもし福岡市にあったとしたら、その勢力が現実の福岡をも転覆しようとしているために陥没事故が起こったとしたら、という物語を紡ぎだす。「せいもん払い」「どんたく」「玉せせり」など福岡独自の風習も物語の骨子に組み込まれ、三崎さんにとって初となる、実在する地名を舞台にした作品となっている。同作品は、今年秋KADOKAWAから単行本が刊行される予定。

 

■武田鉄矢 歌手・俳優・作詞家。1949年生まれ。1972年にフォークグループ「海援隊」のボーカルとしてデビューする。1977年に映画『幸福の黄色いハンカチ』に出演し、役者として高い評価を獲得。以降は個性派俳優として多くの人気作品に出演する。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容