港のお洒落な立ち呑みバル ひとりでふらっと寄れてエビの旨味を堪能!

港のお洒落な立ち呑みバル ひとりでふらっと寄れてエビの旨味を堪能!

予約なしでは入れない、港の人気店『PULPO』の姉妹店として、道路を挟んだ向い側にオープン! 『PULPO』がタコをメインにしたガリシア料理なら、ここ『GAMBA』はエビ料理。タコスなどのメキシコ料理、アルコール類も楽しめて、2店舗ともハシゴしたくなっちゃう魅力が満載だ。是非食べて欲しいのが看板メニューの『シュリンプトースト』。ご近所さんの老舗パン店のパンと、エビの旨味がたっぷりのソースを味わう料理だ。


大きな鉄板で『ビーフビリアタコス』を作る店長の渡辺大典さん

ソフトシェルのエビを使用し、頭からシッポまで、旨味を残さず食べ尽くせる!およそ9割の人がオーダーする高い支持率を誇る人気の一品だ。さらに珍しいところでは、アメリカなど海外で人気沸騰中の『ビーフビリアタコス』。煮込んだ肉をトルティーヤに挟み、牛肉のシチューをディップしながら食べるもの。元々はメキシコ・ハリスコ州の伝統料理(本場ではヤギやラム肉を使う)が、地球を半周してここ港で食べられるのだ!


手前から『シュリンプトースト』(1200円)、奥が『ビーフビリアタコス』(750円)。まずはサルサベルデをつけて食べて、次にシチューにディップしてとさまざまな食べ方でどうぞ

基本はスタンディングだけれど、隣の建物との間に4名テーブルを3卓設置しているので、座って楽しむことも可能。


アメリカから取り寄せた丸い鉄板に合わせた半円カーブを描くカウンターがかっこいい。時短要請などで昼営業やテイクアウトも開始! デリバリーも始める予定


シックで大人な雰囲気の花屋『sakurako』、遠方には発送も可能


『PULPO』の人気メニュー『タルタ・デ・ケソ』(550円)は、甘さ控えめのワインに合うチーズケーキ。ポーションは大きめ、トロッとしたなめらかな食感がたまらない!

姉妹店である花屋『sakurako』も隣接。こちらは19時までの営業だけれど、大きく切り取った窓から見える花屋が借景になって、おひとりさまも様になるお洒落な雰囲気。

譲り合いながら美味しい時間を楽しんで。

店舗情報

店名 GAMBA(ガンバ)
住所 福岡市中央区港2-3-17
電話番号 092-406-5750
営業時間 17:00~24:00
定休日 日曜
座席数 12席+立ち呑み
駐車場 なし
カード

※この記事は、シティ情報ふくおかの『美味本2021』より抜粋して掲載しています。
≫ 福岡の街の情報盛りだくさん「ふくおかナビ」

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE