寒いとトイレが近くなる?冬になると気になる「頻尿」の原因とは

寒いとトイレが近くなる?冬になると気になる「頻尿」の原因とは

普段はそこまで気にしていないのに、寒い時期になってくると、決まってトイレが近いなと感じてしまうことはありませんか。
データによって多少の違いはありますが、1日の平均的な排尿の回数は、朝起きてから寝るまでに5~7回程度、加えて、就寝後の夜中に0~1回くらいだそうです。

そもそも尿とは?~尿がつくられ排泄されるまでの過程~

尿は、腎臓が血液の〝濾(ろ)過″を行う過程で、体に不要なものと判断され、老廃物として残った水分です。濾過されたうちの約99%が再吸収され、残りの約1%が尿となります。腎臓でつくられた尿は、尿管を通って膀胱に集められ、たまっていきます。

その時、尿をためるための膀胱の筋肉は、ゆったり緩んで広がっていますが、その開け閉めを担う「尿道括約筋」などの骨盤底筋群は、無意識のうちにギュッと閉まっていて、漏らさずにためておくことができるようになっています。そして、膀胱が尿でいっぱいになると、この情報が脳に伝達されて「尿意」が生まれます。この尿意を受けて、おしっこをしようとトイレに行くと、今度は膀胱の筋肉がギュッと収縮して、尿道は緩んで開き、たまった尿が排出されます。
ただ通常は、尿意が起きたとしても、すぐにトイレに行ける状況にあるとは限らないので、尿道のほうは、脳からの指令でいつでも意識的に閉じておくことが可能となっており、尿がたまってもギリギリまで我慢することができます。

頻尿の考え方と原因となる疾患

排尿が1日に8回以上や、夜中に起きて2回以上など、昼間や夜間におしっこの回数が多くなることで、一般的に「頻尿」という症状が疑われるようになります。ただ人によって体質や環境なども違うため、普段からのトイレに行く回数はまちまちです。1日に8回以下の排尿回数でも、自身が近くなったなと感じていれば頻尿ともいえますし、1日のあいだに何度もトイレに行くからといって、全てが異常というわけではありません。

さらに、若いうちには夜中にトイレに起きることは殆どありませんが、50才以上になるとほぼ2人に1人が、就寝後に1回以上は目覚めてトイレに行くというデータも出ています。頻尿の原因には、尿が十分に溜っていないにもかかわらず排尿をしたくなる「過活動膀胱」、膀胱の知覚神経を刺激する「膀胱炎」や「尿道炎」、膀胱を圧迫してしまう「前立腺肥大」や「子宮筋腫」等のほか、心因性や神経系の異常など、様々な疾患の可能性が考えられます。

また、頻尿と夜間頻尿とでは、少し異なった捉え方により、その原因と治療が考察されます。

冷えによって起こる頻尿とその理由

頻尿による病院での受診や様々な検査などで、病気や器質的異常が何も見つからなかった場合、この寒い時期に起こる頻尿の原因は、その大半が「冷え」によるものと思われます。冷えによって起こる頻尿には、大きく分けて2つの理由があります。

1つは、寒さで汗をかきにくくなっていることがあげられます。汗には体内の余分な水分を排出する働きがあるため、特に寒さで発汗の機会が少なくなる冬などには、その分、尿の量が増えてトイレが近くなってきます。

もう1つは、寒さによる刺激が、膀胱の筋肉を収縮させて、尿を抱える容量を小さくしてしまったり、尿意を起こす神経を亢進してしまったりすることで、頻尿が起こります。

大切なのは冷え対策

日頃からの冷え対策としては、冷たいものや水分の取り過ぎに気をつけながら、食事はできるだけ温かいものをとるようにして、軽めのウォーキングのような適度に汗をかく運動を行ったり、ゆっくり湯船につかる時間をつくったり、外出する際には常に暖かい服装を選ぶ、などといった行動に努めるとよいでしょう。



大賀薬局

創業、明治35年(西暦1902年) 、福岡市博多区に本社を置き、ドラッグストア、調剤薬局などを展開する・・・
福岡のドラッグストア、調剤薬局 大賀薬局
コラム~大賀薬局の人~
大賀薬局では健康に関する様々なコラムを展開しています。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE