食卓で感じる旅気分|アナウンサーコラム

食卓で感じる旅気分|アナウンサーコラム

コロナ禍で大好きな旅行もままならない今、旅先で出会った料理を作ることで自分を慰めている。これまでに作ったのはリトアニアの冷たいピンク色のスープ「シャルティバルシチェイ」やトルコのスパイシーな肉団子「キョフテ」など。

先日、「亡命ロシア料理」(出版社「未知谷」発行)というロシア料理のレシピ本を久しぶりに手に取った。44章の実践レシピ付き料理エッセイが掲載されている。「酒をめぐる醒めた話」「スメタナを勧めたな」…など独特のセンスが光るタイトルと、リズミカルで機知に富んだ文章が魅力だ。

今回作ったのは「帰れ!鶏肉へ!」。「鶏肉の大きなかたまりと乱切りにしたタマネギを用意する。鍋の底にバターの小さなかけら、月桂樹の葉、粒胡椒、鶏肉、タマネギを入れる。水は一滴もいらない!塩を振り、弱火にかけて、その場を離れる。掃除なり、愛なり、独学なりに精を出せばいい。台所にいなくったってすべてはうまくいくのだから。(本文より)」。1時間半ほどで驚くほどジューシーな鶏の煮込み料理の完成である。仕上げにサワークリームをトッピングし、「これぞロシア(笑)」とご満悦な私だった。

食卓に異国の料理の香りが漂うだけでちょっとした旅行気分を味わうことができるもの。完璧に味を再現することは難しいが、尽きない思い出が最高の“隠し味”になってくれている。

2月19日(土)毎日新聞掲載



田中 みずき
RKBアナウンサー。 大阪府高槻市生まれ、福岡県飯塚市育ち。

【担当番組】
テレビ:まちプリ
ラジオ:櫻井浩二インサイト インサイト+ おしゃべり本棚 Anamo 立川生志 金サイト

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE