PageTopButton

生徒4人が死傷した専門学校バーベキュー 事故原因など究明へ第三者委員会が初開催  

ニュース事件・事故

今年5月、福岡県柳川市の美容専門学校でバーベキューの火が燃え移り、生徒4人が死傷した事故で、事故の原因などを解明する第三者委員会が初めて開かれました。

第三者委員会「二度と同様の事故を起こさないよう」

17日、福岡県庁の会議室で開かれた第三者委員会。委員長の西南学院大学人間科学部・中馬充子教授は「二度と同様の事故を起こさない社会環境を構築するという立場から委員会の運営をはかるべく努力する」と述べました。

 

福岡県柳川市にあるハリウッドワールド美容専門学校のバーべキュー死傷事故について、事実関係の確認や事故に至る過程、事故が発生した原因を解明するとともに、学校側の事故後の対応についても確認します。

18歳生徒が全身やけどで死亡

事故が発生したのは5月24日。学校では、全校生徒約470人が参加するバーベキューが開催されていました。この会場で、20代の男性職員が消毒用のアルコールをコンロにかけ爆発的に炎上。男子生徒4人に燃え移り、全身にやけどを負った18歳の生徒が死亡しました。

指示は誰が出したのか?

事故から3週間後の保護者説明会では、男性職員が消毒用アルコールをコンロにかけた行為が理事長の指示だったのかについて、質問が集中しました。

保護者「誰が指示したんですか? 『アルコールを投入せえ』と若い職員に誰が指示をしたんですか?」

学校側「アルコールを注入するというのは本当に予期をしていなかったことで、理事長がそこでその先生に入れなさいとかいう指示はまったく行っていません」

保護者「聞いてますよ、娘から。指示を聞いたところを聞いてます。聞いた子たちは何人もいますよ、指示を出したところ」

保護者「うちの子供はすぐ近くにいたんですよ。理事長が指示を出しているのを聞いているんですよ」

第三者委員会 福岡県が支援し中立性を担保

この説明会で学校側は、第三者委員会を設置することを保護者に報告しました。この学校側主導の第三者委員会の設置に対しても、保護者側から異論が相次いだのです。

 

保護者「学校が都合のいいような人を選べるよということにもなりかねない。だから『お手盛りじゃないですか』と言っているんです。第三者委員会が『何をして結論はどうなるのか、責任はどうなるのか決める組織ですか』という質問についてもまったく答えきれていない。これ重要ですよね」

保護者の声を受け、学校側は第三者委員会の設置を先送りし、委員の人選などについて福岡県に相談。県は、事故が重大であることと、理事長が事故に関与した可能性があることから、公平性・中立性を担保する必要があると判断し、第三者委員会の運営支援を決めたのです。

2024年3月に調査報告書

第三者委員会は、月に1回程度の会議や現地調査などを経て2024年3月に事故の詳細な調査報告書を提出する予定です

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」

ニュース

もっと見る

事件・事故

もっと見る