PageTopButton

“今日は糸島へドライブに行こう!でも天気が…”そんな時でもお得に楽しめるオーシャンビューのランチスポットを発見!

暮らし糸島グルメ

あいあい

糸島大好き、編集者のあいあいです。
 

近年、老若男女問わず福岡の観光地として絶大な人気を誇る「糸島エリア」。
 

糸島は大きく分けて、「志摩地区」「前原地区」「二丈地区」の3つに分類されますが、今回は半島の中で最もグルメスポットが数多く点在する「志摩地区」にある、海鮮丼の専門店『いとはん食堂』に行ってきました!

九州大学伊都キャンパスからほど近い場所にあるリゾートレストラン


糸島半島といえどその範囲は広く、1周ぐるりと周ると45kmほどあります。
 

糸島=住所が全て「糸島市」と思われている方も多いですが、実は半島全てが「糸島市」ではないんです。
 

糸島半島は「糸島市」と「福岡市西区」の2つから成り、糸島半島の1/3ほどが「福岡市西区」、2/3ほどが「糸島市」になります。
 


今回ご紹介する『いとはん食堂』がある場所も、「福岡市西区」。
 

九州大学伊都キャンパスから車で5分、最寄りの今宿駅からは車で10分ほどの場所にあります。
 

お店の目の前には約15台停められる駐車スペースと、お店から今宿方面に3分ほど歩いた場所に、約86台停められる提携駐車場があります。
 


席に着く前に、まずはこちらで注文を済ませます。
 


メニューは海鮮を中心とした丼定食に、平日限定で唐揚げやチキン南蛮などの定食が12種類程あります。
 

海鮮丼は日によってお魚の種類が変わる為、右の黒いボードを見て確認します。
 

今回はお店1番人気の「海鮮丼定食」1,880円と、私が大好きなマグロが沢山乗った「特生本マグロ丼定食」2,400円を注文しました!

まるでここは沖縄?福岡市内にこんな素敵なお店があったなんて!


店内に入ると、目に飛び込んでくるのはこの美しい海!
窓ガラス越しに広がるのは、長浜海岸。美しい海と白い砂浜のコントラストがとっても綺麗です。
 

取材に伺った日は少し雨模様でしたが、それでも充分この素晴らしい景色を堪能できます。
 

写真提供:いとはん食堂


ちなみに天気のいい日はこんな感じ。
海のブルーがより濃く鮮明に見えて、本当に綺麗ですよね!
 

取材した1月は冬季のためテラス席のイスがありませんでしたが、それ以外の季節は店内もしくはテラス席で食事を楽しむことができます。
 

写真提供:いとはん食堂


天気の良い夏場のテラス席の様子です。
写真だけ見ると、沖縄のリゾートにしか見えませんよね!正真正銘、ここは福岡市内です(笑)
 

テラス席からだと海との距離がかなり近く、何も加工しなくても映える写真や動画がとっても上手に撮れそうです。

海鮮は鮮度が命!マグロの赤身と中トロを食べ比べてみる


それではさっそく、食事をいただきます。
 

まずは「特生本マグロ丼定食」から。赤身と中トロがきらきら光ってとっても美味しそうです!丼定食は全て、お味噌汁と茶碗蒸し付きです。
 

こちらとは別に「生本マグロ丼定食」もあるのですが、そちらは赤身のみになります。
 


食べ比べした結果・・・どちらも優勝!赤身も中トロも鮮度が良く、脂の乗り、舌触りが抜群でした。
 

とろけ具合でいうともちろん中トロなのですが、赤身も引けを取らない程の美味しさです。
 

また、1枚が分厚めに切ってあるので、口に入れた時のマグロの存在感が強いです。

記載メニューよりも1品多い?天候の悪い日に来店すると「海鮮丼定食」を注文した方のみ“もう1品”ついてきます


続いては、お店の1番人気「海鮮丼定食」を頂きます。
 

今日の海鮮は、鯛・カツオ・サーモン・海老・カンパチ・ブリの6種類。1つの丼で6種楽しめるとは、なんとも豪華!
 

鮮魚は長浜漁港や糸島近郊の市場から仕入れ、その時期に採れた新鮮な鮮魚の丼を楽しむことができます。
 


先ほど食べた「マグロ丼定食」に比べ、「海鮮丼定食」はメニューに書いてある内容より1品多いような…?
 

実は『いとはん食堂』では、雨の日などの天候の悪い日限定で、「海鮮丼定食」を注文した方のみ“もう1品”ついてくるんです!
 

この日は「あら炊き」をサービス品として頂きました。
写真ではなかなか伝わりにくいのですが、かなりの大きさです!
 

6種ついた海鮮丼に茶碗蒸しとお味噌汁、プラスあら炊きがついた「海鮮丼定食」、これはかなりお得ですよね!
 


ちなみに天候の悪い日の来店特典としてもうひとつ、コーヒーもサービスでついてきます!
 

通常は400円で販売されているので、海鮮料理を楽しんだ後のコーヒータイムをお店で楽しむことができます。
コーヒーはどの定食を注文しても、雨の日サービスとして無料でいただけます。
 


サービスが更にもう1つ、お店を出る際にはくじ引きのサービスも。ガラガラの色でお菓子がもらえます。
 

ちなみに今回は、うまい棒のつかみ取りが当たりました(笑)
これはお子さんには嬉しいサービスですよね!

15時からはコーヒーやスイーツなどカフェ利用のみも可能!


海鮮丼などの食事利用がメインのお店ですが、15時以降はコーヒーやスイーツなどのカフェ利用のみも可能です。
 

提供されているスイーツは季節で変わり、取材した日は1月なので温かい白玉ぜんざい(600円)やこいもちゃん(500円)が提供されていました。
 


実は『いとはん食堂』と隣接した場所に「糸島トレーラーcafe AQUA」というお店があり、こちらもグループ店。
 

冬季は休業中ですが(春には再開予定)、同店がカフェを経営していることもあり、「糸島トレーラーcafe AQUA」で提供しているコーヒーやスイーツを『いとはん食堂』で楽しむことができます。
 


『いとはん食堂』は店内席とテラス席と合わせると、なんと全150席!なかなかの広さです。
 

こちらのフロアだけでも約70名が着席できる程広く、最近では団体様での利用も増えているそうです。
 

様々な利用方法や特典が詰まったオーシャンビューの海鮮丼専門店、ぜひ足を運んでみませんか?

<糸島シーサイドレストラン いとはん食堂>

■住所:福岡県福岡市西区今津4787-7 [MAP]
■営業時間:11:00~17:00(最終受付16:30)
■定休日:水曜
■電話番号:092-400-1285
■詳細はこちら:https://itohansyokudou.owst.jp/

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」

この記事を書いたひと

あいあい

instagram

福岡の情報誌や沖縄のWEBメディアの広告営業等を経て、フリーランスに。現在はフリーの広告代理店として、飲食店や企業等の集客支援を行う。趣味は食べ歩き、訪れた飲食店は5,000件以上。

糸島グルメ

もっと見る