PageTopButton
益城町にある「九州ラーメン党」

熊本地震から8年 ラーメンで人と人をつなぐ「九州ラーメン党」とは

 

北部九州・山口災害情報パートナーシップを結ぶコミュニティFM各局とRKBによるコラボ番組『ローカる!』。地域密着のコミュニティFM局のパーソナリティにとっておきの街ネタを紹介してもらう。4月は熊本県熊本市にある「熊本シティエフエム」とのコラボでお送りする。13日の放送では、熊本地震から8年ということで、震源になった益城町を取材した。益城町古閑にある「九州ラーメン党」、雲仙普賢岳の大噴火をきっかけに始まった、「ラーメン」で人と人をつなぐ活動に迫った。(報告:『ローカる!』ディレクター荒木風花)

 

●熊本市のコミュニティFM「熊本シティエフエム」とは

熊本シティエフエムは1996年に開局したコミュニティFM局。熊本県熊本市全域を放送区域として、FM791の愛称で熊本市民に愛されている。開局当時から「地域密着」「住民参加型」「防災」という理念で放送し、2016年に起きた熊本県を震源とする地震の際は、いち早く情報を伝えた。大人気番組「子どもラジオ局」は百貨店「鶴屋」にあるサテライトスタジオから小学生が毎週出演し、

発声練習から学校自慢、ニュース読みまで挑戦する。

今回は熊本シティエフエムの管理施設「熊本市市民活動支援センター・あいぽーと」で働く、八代市出身の黒木諒太さんと熊本市内のホットな情報を4回にわたって紹介する。

 

●九州ラーメン党とは?

九州ラーメン党理事長の濱田龍郎さんを囲んで(中央)

 

熊本市を走る市電の終点「健軍町」から車で5分も行くと、熊本地震の震源となった益城町にたどり着く。年々、復興が進み道路は震災前よりも広くなっている印象だ。益城町古閑にある「九州ラーメン党」で「NPO法人ボランティア仲間九州ラーメン党」理事長の濱田龍郎さんに話を聞いた。

 

荒木:ラーメン屋さんをはじめたきっかけは何だったのでしょうか?

濱田さん:もともとはサラリーマンで全国いろんな場所で働いていました。自分の人生このままで…という中で家族とともに放浪し、たどり着いたのが熊本県益城町でした。たまたまラーメン屋さんの近くだったので、ラーメン屋さんになったというのがそもそもの始まりです。

 

お店の前には目立つ「ラーメン」の文字が

 

ラーメン屋さんになった濱田さんは「このままでいいのかな…」という思いを抱えていたある日、障がい者施設に出前に行くことになる。そこで、ある出会いが…

 

濱田さん:障がい者施設に出前に行ったとき、「おかもち」を持ってくれたことに感動し、「人は誰でも人のためにできることがある」と実感しました。その経験から、なかなか外で食事をすることが難しい障がいを持った方が住んでいる施設や老人ホームにラーメンを届けることを始めました。

そんな活動をしていたら、2003年に長崎県で雲仙普賢岳の噴火がありました。いろんな報道で、普賢岳の近くに障がい者施設があることを知り、その場所に行ってラーメンをふるまうことにしました。それが初めての災害救援活動です。

 

その後、平成11年にNPO法人として、災害が起こった場所に行きラーメンをふるまう「NPO法人ボランティア仲間九州ラーメン党」が誕生した。

 

濱田さん:災害が起こった場所に足を運び、現地の声を聞きながらラーメンをふるまうという「現場主義」にこだわっています。「ここまで火砕流が来たのよ」という生の声を聞き、自分の中に落としていく、そういったことで災害を自分事として捉えています。その後の阪神淡路大震災、東日本大震災でも現場でラーメンをふるまいました。

 

●熊本地震が発生、その時ラーメン党は…

熊本地震を機にできた店舗。ホールは障がいを持った方が担当する

 

そんな時、2016年4月「熊本地震」が発生。益城町に家がある濱田さんの自宅も半壊状態となった。

 

濱田さん:熊本地震が起こった時、全国のボランティア仲間およそ1000人から「益城町を応援しよう」「濱田を応援しよう」と駆けつけてくれて、復興を手伝ってくれました。自分が被災したことで、ラーメン党の中で、障がい者と共に働くラーメン店を作りました。ホールスタッフは障がいを持った方で、障がいを持った方が利用しやすい平日に空けています。彼らのために一生懸命やっていれば、世の中がそれを守ろうとしてくれる、そう実感しています。彼らとともにある、これが私の生き方です。

 

熊本ならでは「高菜ラーメン」も

 

今年1月1日に発生した能登半島地震でも、ラーメンをふるまうタイミングを考える。

 

濱田さん:東日本大震災の時も、発生から2ヵ月後に現地に入りラーメンをふるまいました。能登半島地震の被災地にはいつでも仲間と行く準備が出来ています。交通アクセスの整備や先に行くボランティア仲間の情報を待って、何処の支援も受けずにラーメン党自身が行ける環境が整ったら、すぐに行くつもりです。

 

「人は人のために生きてこそ人」。濱田さんの人生訓は取材する私たちの心に響いた。

来週の「ローカる!」は上通にある熊本らしさがあふれたカフェ「オモケンパーク」を取り上げる。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」