「ららぽーと福岡」初日から大盛況 ガンダムの立像も動いた!

福岡市博多区の大型商業施設「ららぽーと福岡」が25日、グランドオープンしました。九州初進出のショップや体験施設など、館内はどこも大勢のお客さんで賑わっていました。

華やかなオープニングセレモニーとともに開業日を迎えた「ららぽーと福岡」。最寄りのJR竹下駅から施設に向かう道路、絶え間ないお客さんの姿がみられました。駅員の話によると、竹下駅の人出はいつもの倍でした。

■記者リポート「いよいよ、ららぽーと福岡がオープンしました。待ちわびた来場客が続々と入っていきます。」

■客「会社を休んできました。1階から4階までぐるっと回りたいと思います」

ららぽーと福岡には222の店舗が入り、そのうち57店舗が九州初進出です。チョコレートを販売しているホテルショコラでは、3500円以上購入した人に数量限定でプレゼントが用意されました。

■記者リポート「続いて紹介するのは、レゴストア。こちらでは日本初の、購入だけでなく体験もできる店舗になっています。子供たちも夢中になって遊んでいますね。福岡ならではの世界に一つだけの中洲の屋台も展示されています」

■レゴジャパン 谷川敦社長「買うだけでなく、何度も来てほしい」

レゴストアはオープンを記念して、子供たちが車を走らせ競争する体験イベントや、数量限定で記念品のプレゼントを用意しています。

■記者リポート「4階のガンダムパークにやってきました。こちらのスポーツ体験施設VSパークでは、ガンダムと一緒に遊べるアトラクションもあるということです。行ってみましょう」

「VSPARK」では、27種類のアトラクションの中で、ガンダムとコラボした8つのアトラクションが用意されています。VRを使ってガンダムと一緒に敵を倒す疑似体験ができたり、ガンダムと徒競走をしたりするブースもあります。

■記者リポート「ガンダムは足が速かったですね!いい汗かきました」

青果市場跡地に建設されたららぽーと福岡。1階には、青果市場の面影を残すフードマルシェがオープンしました。
そして、施設の入り口にそびえ立つ高さ24.8メートルのガンダムの立像が、ついに動き出しました。24日のセレモニーではアムロ・レイ役の声優・古谷徹さんとガンダムの楽曲を歌う地元出身の森口博子さんがゲストとして参加しました。
ガンダムの立像は午前10時から午後6時までは1時間ごとに、午後7時から午後9時までは30分ごとに動くようになっています。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE