高齢者に「運転技能検査」義務付け70点以上で合格-改正道交法13日から

高齢者に「運転技能検査」義務付け70点以上で合格-改正道交法13日から

高齢ドライバーの事故を防ぐための対策を盛り込んだ改正道路交通法が13日に施行されました。75歳以上で一定の違反歴がある人は、「運転技能検査」に合格しなければ運転免許を更新できなくなります。

13日、福岡県大野城市の自動車学校では、70歳以上の人が免許を更新するために必要な「高齢者講習」が行われていました。

「75歳になれば車を手放します」(高齢ドライバー)

「いままでも(高齢者講習で)信号の見落としとか逆走とかもありました。その都度こちらからアドバイスをしたり改善点を言ったりしていた」(南福岡自動車学校指導部・辻浩三チーフ)

高齢ドライバーの事故を防ぐために13日新たに導入されたのが「運転技能検査」です。検査は過去3年以内に信号無視や速度超過など11の項目で違反をした75歳以上のドライバーが対象となります。

「特徴的なのは、段差についての項目です。アクセルを踏み段差に乗り上げてすぐにブレーキを踏めるかを確認しています」(RKB浅上旺太郎)

他にも逆走や信号無視がないかなどを確認し、70点以上で合格となります。検査は何回でも受けられますが合格できなければ免許を更新できません。検査に合格した人は認知機能検査で認知症のおそれがないと判断されたうえで高齢者講習を受けると免許を更新できます。

「技能検査に合格しないと免許更新ができないということなので、本当に危ない方は免許更新ができなくなるということなので、高齢者の事故が減っていってほしいと思っています」(南福岡自動車学校指導部・辻浩三チーフ)

このほか、今回の改正道路交通法では、自動ブレーキなどが搭載された「サポートカー」限定の免許制度も新たに導入されました。福岡県警によりますと、去年福岡県内で免許証を自主返納した75歳以上の人は9600人余りにのぼっています。警察は運転に不安を感じる人は、運転免許試験所に設けられた「安全運転相談窓口」に相談してほしいと呼びかけています。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE