福岡県補正予算案 物価高騰に対応した施策~ウクライナ情勢受け提案

福岡県は、6月議会に提案する補正予算案に、原油価格や物価の高騰への対策を盛り込む方針を示しました。ロシアのウクライナ侵攻に伴う影響などを踏まえた緊急の対応です。

服部誠太郎知事「持続可能な我々の経済構造というものを作っていくということを目指して、明日につながる施策というものも研究していく必要があることから、今回の補正予算を組んだところであります」

服部知事は、一般会計の総額が134億円あまりとなる補正予算案を提案する理由について「県民生活や経済活動に対する影響に、緊急で対応していく必要がある」と説明しました。
補正予算案では、食材価格の高騰による学校給食費の値上がり分への補助として、約8億5000万円、肥料代が高騰している農家への助成として約22億3000万円などを計上しています。

この補正予算案は、来月3日に開会する6月議会に提案されます。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE