福岡市「下水道料金を全世帯2か月免除」~物価高騰に対応し生活支援

原油価格の高騰や値上げが続く中、福岡市は暮らしの支援策として、下水道を利用するすべての世帯を対象に、使用料を2か月分無料にすることを明らかにしました。

高島市長「福岡市としては市民の皆さんの生活を支援するために、この夏の下水道使用料金を2か月間無料にします」

福岡市の高島市長は31日に臨時の会見を開き、下水道使用料を免除する独自の生活支援策を発表しました。それによると、8月から11月の下水道使用料のうち2か月分を、検針のタイミングに応じて無料にします。

使用量に応じて料金が決まる「従量使用料」も無料になるため、家族が多く使用量が多い家庭は免除される金額も多くなります。申し込みや手続きは不要で、市内で下水道を利用する約88万世帯すべてが対象です。
費用は全額、国からの臨時交付金で賄う予定で、福岡市は6月開会する議会に提案することにしています。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE