革新的な事業「ビジネス大賞」に北九州市の電動自動車企業…29人乗りバスを実用化

革新的な事業に挑戦している九州の企業や経営者を称える「九州ニュービジネス大賞」の表彰式が、福岡市で開かれました。

今年で19回目となる九州ニュービジネス大賞に選ばれたのは、北九州市若松区のEVモーターズ・ジャパンです。

1回の充電で230キロ走行できる29人乗りのコミュニティバスなどを開発し、実用化していることが評価されました。

EVモーターズ・ジャパン佐藤裕之社長「北九州市に工場を建設しようと考えております。ローコストで実用に耐える航続距離を持った商用EVを製造していくのを使命に思っています」

また、「審査員特別賞」には食用コオロギの生産・販売を手がける長崎県の企業が選ばれています。

金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE