福岡県内「今季初の猛暑日」糸島市で最高気温35.0℃~熱中症の疑いで18人搬送 

気象庁は27日、九州南部と東海・関東甲信地方の梅雨明けを発表しました。九州北部の梅雨明けは28日以降となりましたが、27日の福岡県内は真夏のような暑さとなりました。

RKB原口佳歩「午後3時半、糸島市です。手元の温度計では35℃」

糸島市の最高気温は35.0℃と、県内では今シーズン初の猛暑日となったほか、北九州市が34.9℃、久留米市が34.4℃、福岡市は33.7℃とほとんどの観測地点で今シーズン最高となりました。

RKBの調べによりますと、午後4時半時点で18人が熱中症の疑いで病院に運ばれました。
28日は、さらに気温が上がるとみられていて、熱中症には警戒が必要です。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE