「一瞬でここまで降るとは」店が冠水し休業相次ぐ~台風4号が福岡に爪痕

5日朝早く九州北部に上陸した台風4号は九州を横断中に温帯低気圧に変わりました。「記録的短時間大雨情報」が出された大牟田市では、多くの地域で冠水による被害が発生しました。

 

道路が冠水でポンプ車がフル稼働

午前6時前に長崎県佐世保市付近に上陸した台風4号。台風としての勢力は弱く、風はそれほど強くありませんでしたが、各地に大雨をもたらしました。

市民「はぁ、やばい・・・」

 

福岡県大牟田市では午前7時10分までの1時間に120ミリ以上の雨を観測し、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表。

市内のいたるところで道路が冠水し、市が今年度から導入した排水ポンプ車もフル稼働しました。

大牟田市職員「深いところで30~40センチの冠水が確認できました。(水が引くまで)少なくとも2~3時間はかかるんじゃないかなと思っております」

水がひくと“爪痕”露わに 擁壁崩れる

午前9時、台風4号は温帯低気圧に。雨も上がり10時半ごろには福岡県に発表されていた警報がすべて解除されましたが、水が引いた大牟田市内ではいたるところで被害が確認されました。

RKB坂田周大「氾濫危険水位に達した大牟田市を流れる堂面川です。水位はずいぶん下がって、濁った水がゆっくり流れています。川岸、足元を見てみると、草木が一方向にすべて倒れているんですね。一時的に水位はそこまで来ていたと類推されます、氾濫一歩手前の危険な状況だったと読み取れます」

大牟田市米生町では大雨の影響で擁壁が倒れてしまいました。

近隣住民「気にはしていましたが、これはひどいです。こんなにひどいと思わんやったですね。ちょっとひどすぎるですね」

店の営業はストップ「一瞬でここまで降るとは」

市街地で被害を受けた店は臨時休業を余儀なくされました。

RKB若松康志「水に浸かった施術用のベッドの消毒などの片付け作業が続いています」

大牟田市姫島町(ひめしままち)の整骨院では、スタッフだけでなく利用客も駆けつけ、施術台の清掃などに追われていました。

この整骨院は、2年前の大雨でも浸水。建物を建て替えるなどして営業を再開し、軌道に乗り始めた矢先に再び浸水被害を受けました。

小柳賢也院長「2年前に冠水していたので、用心はしていたんですが、一瞬でここまで降るというのはあんまりなかったので、予想以上でしたね。勘弁してほしいが自然災害なので立ち向かっていくしかない」

美容室も、2年前に引き続いての浸水被害です。

井上あゆみ店長「梅雨明けが早かったのでちょっと油断してましたね。きょうもも予約が入っていたけどお断りしてですね、あすからもどうするか考えるところです」

史上最も早い梅雨明け直後に九州を直撃した台風4号。この影響で九州北部地方では、現在も大気が不安定な状況が続き局地的な雷雨などに注意が必要です。

火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE