勤務間インターバル「11時間確保」を福岡市が宣言 育児休業100%取得も促す  

福岡市は、教員を含む全ての市の職員が、仕事を終えてから働き始めるまでに「11時間の休息時間」を確保する宣言を行いました。

福岡市の高島市長が発表した「勤務間インターバル宣言」は、教員を含む市の職員が終業から始業までの間に11時間の休息時間を確保するものです。教育現場では、部活動指導員の配置やデジタル採点システムの導入などを進め、環境を整備していくということです。

また、男性職員が育児休業を100%取得できる職場づくりも進め、子供が生まれた時には上司と面談して取得を促していくことにしています。福岡市はこうした取り組みを民間企業にも広げていきたい考えで、コンサルティング会社の研修を市内の企業10社に無料で提供する方針です。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE