ホークス栗原選手“絶望からの復活” 大けがを乗り越え来シーズンに挑む

今シーズン、試合中に大けがをした栗原選手。けがも8割程度回復し、来シーズンはサード転向を目指し復活を誓っています。

試合中に大けが

栗原陵矢選手「(Qどんな一年でしたか?)苦しい一年でしたし、チームに貢献できなかった苦しさもあって、いろいろ考えた一年でした」

プロ8年目、栗原陵矢選手。2020年からレギュラーに定着し、今シーズンから背番号を「24」に変更。打線の軸として活躍を期待されたシーズンでしたが…開幕からわずか5試合目、守備の際に味方と交錯。診断の結果は左膝前十字靱帯断裂などで、今シーズンの復帰は絶望となる重傷でした。

「治るのか」不安は常に…

栗原選手「本当に良くなるのかなとか、治るのかなという不安は常にありました。頑張れば頑張るだけ早く治るけがではないですし、ある程度時間が経たないと治らないけがなので、モチベーションはすごく難しかったです」

リハビリ期間は、同じことを繰り返す日々。先が見えず淡々と過ごす中でもメディアの前では…

栗原選手「一緒のことしかしてないから。こんな大雨なのに、(報道陣の数は)すごいな」

サード転向を目指す

明るく盛り上げるムードメーカーは、驚異的な回復力で秋のキャンプに参加。ケガの回復は8割程度ながら、来シーズンのサード転向を目指し、守備の名手・今宮選手と連日、守備練習に励みました。

栗原選手「(Q今宮選手とはどんな会話を)基本的には守備のことをアドバイスというか、話させて頂いています。(Q参考になる部分は)全てですけど、足の運び方であったり、ハンドリングの柔らかさであったり、スローイングもそうですし、ほんと全てだと思っています」

“絶望からの復活”

野球人生で初めてという大けがからの復活、そして新たな挑戦に向けて来シーズンを見据えています。

栗原選手「改めて本当に野球が好きだなというか、野球をやりたいなと。今年一年何もできなかったですし、来年改めて試合に出たいって気持ちが特に強く思えているので、その気持ちをしっかり持ちながら、しっかりと自覚を持ってこのオフを過ごしたいなと思っています」

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE