PageTopButton

ホークス「宮崎キャンプ」初の週末に約3万人のファン 人間クレーンゲームが初登場

スポーツ野球
ホークス「宮崎キャンプ」は、今年からファンとの交流が復活。初の週末は、選手がサインボールを投げ入れたり名刺を配ったりして、ファンも盛り上がりました。

週末にファン約3万人

週末限定の藤本監督のふわふわバルーンも、23年バージョンに進化。初の週末を迎えたホークス宮崎キャンプは、土日あわせて約3万人のファンが訪れ大いに盛り上がりました。今年からサインボールの投げ入れが復活しました。
子ども「うれしいです」

方、球場の外では「人間クレーンゲーム」が初登場。宙づりになった子どもが、遠隔操作でグッズ入りのカプセルをつかみます。当たりのカプセルには、選手のサインボールなんかも入っているそうです。

選手とファンがゲーム交流

キャンプ地の至る所で上がる黄色い声、選手が直接ファンに名刺を配っているんです。間近に選手がやって来るとあって、ファンは大興奮でした。
女性ファン「来たかいがありました」
「侍ジャパン」に選ばれた甲斐選手がキャッチしているのは、ボールではなくフリスビー。宮崎市の子ども逹とふれあうイベントです。今宮選手会長や栗原副キャプテンをはじめ、豪華メンバー6人が参加。フリスビードッジボールやしっぽとりゲームを楽しみました。
栗原選手「最高です。楽しいです」
厳しい練習が続く選手たち、子ども達との交流でリラックスした表情を見せていました。
今宮選手「チョコティラミス、さよなら~」

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう