PageTopButton

国内初「商業用電気自動車の組立工場」起工式 福岡・北九州市

ニュース

北九州市若松区に国内初となる商用電気自動車の組み立て工場が建設されることになり、28日に起工式が開かれました。

北九州市若松区に本社を置く「EV(いーぶい)モーターズ・ジャパン」は、約5万8000平方メートルの敷地に、国内初の商用電気自動車の組み立て工場やテストコースなどを整備する計画です。これまでは中国で組み立てていましたが、今後はパーツなどを輸入し年間で1500台の生産を目指しています。
式典の終了後、服部知事や武内市長がEVバスに乗り込み、乗り心地を確かめました。組み立て工場は今年秋に完成する予定です。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう